難燃性マグネシウム合金

軽量・比強度・比剛性・リサイクル性
マグネシウム合金は、優れた特徴を持っています。

難燃性マグネシウム合金とは

マグネシウムは実用金属において最も軽く、比強度・比剛性、振動吸収性(減衰能)、切削性、リサイクル性に優れているため、環境負荷低減に向けた各種構造体の軽量化、振動・騒音の低減等、様々な分野において用途拡大が期待されています。
マグネシウム合金は非常に活性で燃えやすい性質ですが、「難燃性マグネシウム合金」は発火温度を200~300℃上昇させることで、この問題点を改良した画期的な軽金属材料です。
弊社では平成15年よりインゴットビレット等の素材、および鋳造製品の製造・販売を行っており、好評を博しております。

少量生産、テスト品など柔軟に対応しております。

最軽量
最軽量

マグネシウムは実用金属中最軽量であり、その比重はアルミニウムの約2/3、鋼の約1/4です。

難燃性
難燃性
比強度、比剛性

鋼やアルミニウムより比強度、比剛性に優れており、同じ要求仕様に対してより軽量な物が制作可能です。

振動吸収性

実用金属中最大の振動吸収性(減衰性能)を有しており、輸送機器や機械の振動・騒音を抑えることができます。

切削性

鋼やアルミニウムと比べて切削抵抗が小さく機械加工時間の短縮、工具寿命の延命が可能です。

耐熱・難燃性マグネシウム合金鋳造によるパワートレイン耐熱部材の開発

本研究開発プロジェクトは平成21年度に経済産業省「戦略的基盤技術高度化支援事業」の採択を受け弊社を含む5機関の産学官連携により、自動車の燃費向上および振動・騒音の低減を目的に、パワートレイン部材へのマグネシウム合金の使用を目指すものです。

本開発では、効果な希土類を用いずに、安価で耐熱性・耐摩耗性に優れたマグネシウム合金の開発を行います。さらに、開発合金に最適化した形状設計技術、耐熱鋳造部材の製造技術およりリサイクル技術を確立して、次世代軽量耐熱部材の製造と実用化システムの構築を目指します。
↑ページの先頭へ戻る

難燃性マグネシウム合金製品

押出加工用ビレット

押出し加工用ビレット

押出し加工材の一例

押出し加工材の一例

製品
  • 押出し加工用ビレット
  • インゴット
  • 砂型鋳造製品
  • 金型鋳造製品
  • ダイカスト
↑ページの先頭へ戻る

本製品のお問い合わせ

株式会社戸畑製作所 営業部
093-471-7789
メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム

会社案内

会社案内をダウンロードすることができます。
A3見開き(35.28MB)
会社案内のダウンロード
ページの先頭へ戻る